2009年04月19日

RAINBOWツアー@渋谷クラブクアトロ

行ってきました。
初の福原美穂ちゃんのワンマンツアー
ライブハウスで歌う彼女を見たい!!と思って、チケットとりましたの。
名古屋、大阪、東京、札幌の4都市(1日ずつ)だったそうです。
仕事で遅れていきましたのね。
したら、出入口まで、人がまんぱんで、入れないわけ。
しかも、真ん中には、でっかい柱。
うーーん、クアトロ初めてだったのですのが、ラママとかと一緒で、見にくいなぁ〜、と。(うたの日カーニバルの東京、クアトロなんだよねぇ〜)





いやぁ〜、これはどうしたものか・・・、と思いましてね
まぁ〜、無理矢理入るわけですが(笑)
男性のファンが多かったです。2/3ぐらいが男性???かな???
なんで、見えないの(泣)
ま、姿が見えなくとも、歌が聞ければいい、と思ってたんで、いいんですけど、人間欲が出ますな。やはり、ちょっとでも見たいわけ。
ちょこちょこ前に進んでみたのはいいけれど、まわりは男性、男性、男性。
やはり、壁なわけ・・
あきらめまして、チョロチョロ見える、美穂ちゃんを見ておりました。
それでも、十分!!
して、曲のほうは・・・・
えー、アルバムの曲は、全曲してたかと思いますが、あとは知らない曲もあり、カバー曲もあり。
たぶん、遅れていったから、頭、2曲ぐらい聞けてないような気がします。
スティービーワンダーよかったなぁ〜、うんうん。
あとね、マライア歌ってくれたね。アカペラで。
これは、客席側のリクエストだったんだけどね。
聞けて、よかったわぁ〜。あの歌唱力ったらないわけ。
Re-styleの時の比じゃないわけ。あのときは、調子悪かったのかな?って思うぐらい違った。

あと、「優しい赤」って曲。
この曲聞きながら、ずっと、大号泣してしまいました。
この曲だけじゃないけど・・・(苦笑)
気を抜くと、どんな曲でも泣いちゃいそうでした。
それぐらい、彼女には、得体の知れない、優しいオーラがあるのかもしれません。
で、「優しい赤」
この曲、歌う前の彼女の言葉。
ちょっと、びっくりしました。
この曲は、彼女の決心、なんですね。
アルバム聞いたときから、そうだろうなぁ〜、とは思ってましたが。
痛いぐらい伝わってきて。大号泣・・・・
まぁ〜、ちょっと、上京してきた自分のことも思い出したりもして。
曲が始まってから、終わるまで、ずっと泣いてました(苦笑)
止まらないんですよ、止めようと思っても。
私の中で、ジャンボリー2006に次ぐ、号泣でしょう、あれは。
歴代2位ぐらいの、泣きっぷり。
今でも、この曲聞くと、号泣ですわ。
NACS&CUEファンである私は、北海道ということの思いも多少あるわけで、そんな中、彼女の言葉として、「北海道を捨てた」という言葉は、なんとなく重かったわけですよ(彼女が、そう言ったのですよ。そして、東京がホームです、と)
でも、「捨てた」と言わないと、思わないと、彼女は、東京でがんばる踏ん切りがつかなかったんだろうなぁ〜、とか。だって、きっと、北海道(故郷)が大好きだから。そんな風に歌詞を綴って、歌ってる彼女はすごいなぁ〜、と。
まだ、若干、21歳ですよ。
彼女のライブは、ステキです。すごく、優しくなれます。
そして、私もがんばろー、って。がんばるよー、って。
とくに、「ANYMORE」っていう曲は、がんばるぞ!!って思える。
彼女が、ブログで書いてました。
下荒井を見に行って、
「”表現”の方法は違っても凄く通ずる所があって」
私も、彼女のライブで、なんだか、彼らの芝居と同じ雰囲気を感じましたね。
歌唱力だけじゃない、彼女の中にある、何か・・・、なんでしょうね。

久々に、すぐに、また行きたい!!って、思えるアーティストに出会った気がします。
大満足してしまった私は、追加公演のチケットをとってしまったのでしたぁ〜


是非、よければ、ライブに足を運んで見てほしいです。
生のほうが、ぜぇーーーーーーったいに良い、アーティストさんです。


ま、客席のノリには、触れませんけど・・・・(苦笑)
ちなみに、ファン層は、老若男女でございました。
posted by SAWA at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。