2009年06月14日

安田記念な話

もう、かれこれ、1週間になりますかねぇ〜
なわけで、覚えてるわけがない(笑)

ま、簡単に・・・・(でも、長いと思われます)


毎度毎度、がんばりました。
ちゃんと、朝から行きましたよ。
ものすごく、早いわけじゃないけどね。
なんなら、回数券を買いましたし(笑)
なんか、面白かった(笑)
入場口にきて、チケット渡したら、ワーーーー!!って、走るわけよ(笑)
すごいよ。
ゴール前に行くグループと、席に行くグループが別れて、ワーーー!!って。
爆笑しながら、私達も走ってったわけ。
で、ここかなぁ〜?というところで、シートをひきましてね。
1列目は、明らかにプロの方々でねぇ〜
んー、ま、しゃーないね、ってことで、2列目。
だって、すっごい、カメラ持ってるわけ。
バズーカよ、バズーカ。手持ちじゃないよね?とか思いつつ(笑)
お馬さんをとりにきてるのよね。
午前中は、朝ご飯を食べ、まったりして、抽選して。
また、クーラーボックスもらっちった。
あと、タッフィー君のマスコットとか(苦笑)
レースが終わる度に、席の様子を見つつ。
昼ご飯をしっかり食べ、いよいよ、席に行くか・・・、ということで、熱さと戦いながら、がんばったわけ。
したら、なんと、1列目のプロの方々が声をかけてくださいましてね。
あれ見に来たの?と言われ、はい、と答えたら。
(あれ呼ばわりだけど、いいです、いいです、あれで・笑)
あそこも場所とってたんだけど、余ってるから、1列目に行っていいよ、と。
おぉ〜、いいんですか!!なんなら、真ん中ですけど!!
プレゼンターを見に来てるなら、ここより、あっちのほうがいいから、と。
立ち位置まで、教えていただき(苦笑)
ま、私達は、出入り口のさまを近くで見たいわけじゃないし・・・
2列目にいるなら、1列目のほうがいいわけで・・・
二つ返事で、仲間に入れてもらうことに(笑)
ラッキー♪
ありがとうございました!!
ちなみに、このプロの方々、各地に行ってらっしゃいましてね。
当然のごとく、去年の札幌にも行ってらっしゃって、彼の北海道の扱いにびっくりしたそうです。
「アイドルじゃん!!」って(笑)
で、言っておきました。えぇ、彼は、アイドルなんです!と(笑)

というわけで、あの大人数のなか、ど真ん中の1列目という、位置にいたわけですな。なかなか経験できない位置なんだけど(苦笑)
おかげで、記者の数が多かったけど、武騎手との貴重なショットを撮ることができたんですなぁ〜
隣の馬ファンの男の子達の一声で、気づいたんですけどね。
「武と大泉の2ショットじゃん!!!」って。
それまで、まーーったく、私は気づいてなかったんですよ、この貴重さに(笑)

ま、そんないきさつでございました。
レースが始まる前に、彼は、随分と上のほうの席から見ておりまして、私達、愛想をふってくれてましたね。
いやぁ〜、面白かった!!
あのでっかいビジョンに、写し出されてるわけ。
手を振ったり、投げキッスをしたり、あげくのはてには、おぉ〜!と拳をつきだしたりしてるのが。ま、彼は、その動きに合わせて、キャーキャー言ったり、同じ動きをしてる私達が面白かったんでしょうけど(苦笑)
気づいたら、私達の周りは、ファンで埋め尽くされ、身動きができない状態でしたからねぇ〜、それだけ、多かったわけですよ。

して、レース!!
いやぁ〜、これはすごかったですね!!
あのレースを見れたのは、すごいことだなぁ〜、と思いましたよ。
隣の馬ファンの子達の興奮具合ったらなかった。
ま、彼らからしてみれば、洋ちゃんの人気はすごい!ということで、びっくりしたらしいのですが(苦笑)
賭けたりはしないのですが、たまに馬を見に行くのはいいなぁ〜、って思いましたね。

さて、メインの表彰式。
随分と緊張なさってるのか、終始、しばらく挙動不審??(苦笑)
武騎手への花束贈呈なんて、ちゃっちゃと終わらせちゃうし。
さらには、記者にお尻むけとるし・・・
その後の2ショットでは、落ち着いたのか、よい感じでございましたね。
ただ、その頃には、ものすっごい数の記者が、私達の前にずらずらと。
ま、それはいいんだけどね、マイクがね(苦笑)
ずーーーーっと、2ショットの前に・・・・
で、みんなからブーイング。
「マイクさげてーーーー」
そんな声にも、彼は耳をかさず、じっと、マイクを掲げておりました(笑)
仕事だもんね。しゃーないとは思うが、ちょっとぐらい下げてみたら?って思っちゃいました。

登場と退場は、遠かったのでね。
じーーっと、眺めておりました。
そうそう、野次の中に、
「結婚おめでとーーー」というのがありましたが、私達は笑っちゃったけど。
まだまだ、彼はうまく対処できないんですかねぇ〜
シゲのことは、ベラベラしゃべるのにね。
ま、いつかネタにしていただきたいものです。
そういや、救命さん、どうなるんですかね?
奥様、大変・・・・、と思ったのは、私だけじゃないですよねぇ〜

おっと、道がそれてしまいました。

そんな感じの安田記念でございました。
なかなかに充実&楽しかったぁ〜

でも、これを最後でお願いします・・・・



ではでは、サンサンタイム♪
今日は、生ですなぁ〜
スケジュールなんとかならんかったんかねぇ〜<YOSAKOIファイナル
そして、今、彼が語ってることは、よく分かる(苦笑)
posted by SAWA at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CUE関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。