2005年09月05日

久々に!!

さ!
終焉いたしました、「COMPOSER」

ネタバレ解禁、といったところでしょうか?

クローズド、よかったです・・・・。
この件に関しては、時間があって、PCがなおってから(壊れた)、ということで。

ひとまず、こちらに書いてた、感想を「公開」致します!!!!


ささささ。
自分でも忘れちゃってる、感想。
私は、何を想い、考え、この公演を見てきたのでしょう。
いいだけ、見てますけど、そんなところは、つっこまないでくださいませ。
ちなみに、名古屋と浜松公演については、書いてません。
このあたりからは、ほぼ固まってたので。

では、どうぞ!!!

カテゴリーは、その名も

「COMPOSER」


posted by SAWA at 09:47| 東京 ☀| Comment(0) | COMPOSER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

東京千秋楽(5/22)

ものすごぉ〜く、私的には、良かった!!
なんなんでしょうね。
私は、4公演目でございました。
千秋楽というのも、あったのでしょうか。

最初の5人の台詞からして、気合入ってるなぁ〜、って感じがしました。
そして、そのまま、お芝居になって、声もよく出てました。
台詞も、落ち着いてて、聞きやすかったですしね。
お!!今回は、いいかも!!って、最初から思ってしまいました。
すごく、間もいいと思ったし、曲のタイミングとか、ばっちし。
感情表現も良かったです。
4回目なのに、引き込まれていったんですよね。
目が離せなかった。
久々でしたね、これは。
去年のLOOSERより、全然、いい!!
手放しで、良かったよぉ〜、と言えます。

変更点は、親権裁判のシーン。
このシーンって、裁判だけだったんですけど、ルイの父親と弟のカールの台詞がありました。
「運命」という曲を演奏している、というシーンだったので、ルイの過去、という意味で、付け加えたのかもしれません。ルイの人生に大きくかかわってきたことを「運命」ということで、関連づけたのかもしれません。
すごく、いいと思います。

あとは、なぜ、フランツがルイを恨んでるのか、なぜ、ルイがナポレオンに裏切られたと思ったのか。これが、分かりにくかったんですが、「ナポレオンがウィーンに進軍してきている」という台詞で、分かりやすくなってました。
全体的に、カットされたシーンもあるのですが、間延びせず、それでいて、分かりやすくなってました。だからなのかなぁ?引き込まれます。

あと、役者陣の感情が、よく分かるようになってます。
感情移入がすごくしやすくなってました。
これは、すごいことですよね。「間」とかが、すごくよくなってた気がします。
本当に、目が離せませんでした。

この公演が、最後でもいいかも、もう、名古屋と浜松は、行かなくてもいいや!!って思えるぐらい、私的には、良かったんですよねぇ。

まだまだ、これからよくなっていくんでしょうか。
楽しみです(^^)
posted by SAWA at 01:25| 東京 ☀| Comment(0) | COMPOSER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

東京初日夜公演(5/18)

観てきました。
東京初日夜公演!!

がっかり・・・。
一言で言うと、本当に、ショボン・・・。

始まった途端に、「大丈夫・・・・?」と思ってしまった私がおりました。

洋ちゃんの顔がね、かなり、ヤバイ顔だったんですよ。
うっわぁ・・・、疲れてる。きつそう・・・。

で、琢ちゃんの「始まりのご挨拶」
ここも、あれ?って思った。そこからのお葬式シーンへのながれ。
早すぎです。音楽、切るの早いよ。
でもって、洋ちゃんの声がでてない。
モリの声も出てない。なんで????
明らかに、疲れてる。
ちょっと、そのがっかりモードから、抜けるのに時間がかかってしまいました。
結局、どこまで、引きずってたかなぁ。
結構な引きずり具合だったかも。
ま、気づいたら、普通に観てましたけど(笑)
あ!!カールが死ぬシーンあたりまで、引きずってたかもぉ。

で、まぁ、かなり変わってて、びっくりしました。
大枠は、もちろん変わってないんですけど、気づいたら、ないシーンとか、台詞とか。
腕相撲が、相撲になってたりね。
LOVEが入ったり(←かなり、笑った)
あと、札幌の時は、正面から見てなくて、シルエットがよく見えてなかったから、こんなのあったんだぁ〜とかね。
母親がカールに手をさしのべるシルエットとか。
ルイの父親のシルエットとか・・・。あったっけ?
あとは、カットされてるシーンとかね。

目が点になったのは、「おひかえなすってぇ」が、えらい演技が大きくなってたこと。
カールの幼稚園時代の動きが、爆発(笑)してたりね。
全体的に、大きくなってたなぁ。

まぁ、ちょこちょこ変更されてるみたいです。

でも、なんだか、私的には、正直、いい印象の公演ではなかったですよ。
声がでてないから、必然的にマイクの音量があがります。
だから、コンプとか、かかってて、微妙に声の強弱のバランスが失われます。
でもって、きっかけの音楽のバランスも声のバランスと悪くなるし。
本当に、びっくりするくら大きい音だったり、いきなり、フェードアウトしてるとおもったら、カットになったり・・・。
もう少し、気を使っていただきたい。
私、音には、敏感なんですよね。
昔とった、杵柄といいますか・・・。
でもって、洋ちゃんの声が好きだし・・・。だから、すごぉ〜く、悲しかったんですよね。
本当に、今回の東京公演は・・・、ダメだったなぁ。
札幌のほうが、良かった・・・と思ってしまいました。

あとね!!
観客!!!
あれは、いかんね。
拍手は、ダメですよ・・・。
次の台詞が聞こえませんから。
本当に、何を見に来てるんだか。
話し、分かってますか?初めて見た皆さん。
聞こえなかったら、分からないでしょ?拍手は、いけませんよ。
はぁ・・・、やはり、東京公演は、ちょっと厳しいですね。
彼らも、やりにくいでしょうな。

あと、これも、書き残しておこう。
モーツァルト、階段で、こけそうになってました。
っていうか、つまづいてた。

シューベルト、思いっきし、台詞を間違いましたね。
つじつまが合わないことを口走りました。
びっくりしたもん(苦笑)
「ピアノをやりたいんだ」っていう台詞を「教師になりたいんだ」と言ってしまいました。
おーーーい、それだったら、父親に反対されないよねぇ(^^;
さ、何人、これに気づいたでしょうか。

あと、結構、皆さん、カミカミでございました。

やはり、疲れがでてたんですな。

次は、東京千秋楽です。
いい舞台が見れるといいなぁ・・・。
posted by SAWA at 00:44| 東京 ☀| Comment(0) | COMPOSER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

4/30(2回目)

さてさて、2回目を観ました。

今回は、緊張せず、ゆったりと見れました。
ただ、席がね・・・。
前なのは、良かったんですけど、右端でございました。
なので、見えない場面がチラホラ(^^;
悲しかった・・・・。
昨日、見てたので、なんとなく、こういうことしてるんだろうなぁ〜、というのが分かってたんで、まだ、救われますけど。これが、初日だったら、痛いなぁ・・・。

ではでは・・・・。
今日は、なんだか、流れがスムーズでした。
それは、やはり、観客の空気感が、つかめたからでしょうか????
それとも、私が緊張してなかったから??(笑)
とにもかくにも、流れは、良くなってた気がいたしました。
なくなった台詞もありましたし、付け加えてた個所もあった気が。
あれ?こうだっけ???という場面がありましたからねぇ。
物覚えが悪いので、あてには、しないでください(^^;

あ、でも、あれは良かった!!
ラストのほうで、シューベルトが、「一人じゃないですし。」って言ってたところ。
あそこのモーツァアルトの表情!!
あーんなに、初日は、喜んでませんでしたよね。
あれは、良かった!!受けたもん(笑)
あと、不思議なことに、初日は、もじゃもじゃ、言い過ぎ・・・、って思ったのが、気にならなかった。私が慣れたのかな????
分からないんですけどね。

やはり、間がよくなってるんだろうなぁ、というのを感じました。
空気感、っていうのは、大事ですね。
これから、ドンドン良くなっていくのかな、と思うと楽しみですよ。

私は、芝居には2つの考え方があると思います。
1つは、観客に見せる時には、もう、完璧に出来上がってる、ということ。
これは、観客には左右されませんよね。
ずーーーっと、同じ、お芝居をするんですもの。
2つは、その場の空気を考えていくお芝居。
これは、その時々の空気感、観客によって、ドンドン変わりますよね。
私は、後者が好きです!!
NACSさん達のお芝居は、後者なはずです。
プロということでは、そんなんじゃいけないよ!!って思う方もいるかと思いますが、私は、それが生のいいところだと思ってます。
おもしろいところだと思ってます。
もちろん、最初から完璧なもの!!というのが、本当はいいのかもしれませんが。
でも、観客の反応を見ないお芝居って、私自身は、つまらなかった経験があります。
だって、おいてけぼりなんですもの・・・。
だったら、映像でいいじゃん!!って思いますから。映画でね。

だから、こうやって、雰囲気を見ながら変わっていくのって、大好きです(^^)

そうそう、この史実って、誤解を招きますよね。
私も、少しは、知ってるのですが、あれ?どうだっけ?って思うところが(^^;
なので、東京公演までに、一度、本当の話を読もうと思いますよ。
あと、モーツァルトの映画を。
あの長いやつ、知ってます?
モーツァルトの一生を映画にしたやつ。
一回観てるんですけど、観ようかな・・・と。
面白かったんですけど、すごく長いんで、なかなか、見る時間がなかったんですけどね。
GWですし。レンタルしてこようと思います。

そうそう、5/1に変更があったそうですね。
腕相撲が普通の相撲になってたとか。
あと、モーツァルトの喜びが、さらに大きくなってたとか(笑)
うーーーん、楽しみだぁ!!
posted by SAWA at 01:08| 東京 ☀| Comment(0) | COMPOSER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4/29初日

いよいよ、幕があきました。
初日です!!
楽しみにしておりました。
今までよりも、稽古の時間をじっくりととられているとか。
初日のために、札幌に来ました。
それぐらい、観たかったのです。

ではでは、感想を・・・・。

私自身が、緊張しておりました。
なぜか・・・・。
どんな芝居なのかな?どうゆう風にするのかな????
かなりの緊張の面持ちで見てしまった、というのが初日でした。
真剣に見てましたよ。
でも、あまりにも真剣に見すぎて・・・・。

全体的に?総評????というところですと、なかなかではないか・・・、と。
内容的には、やはり、つっこみどころ満載かと。
でも、別物と思えば、それはそれ。
私が緊張して観ていたからなのか、いまいち、まだ、しっくりこないというか。
ぎこちないというか・・・・。
観客がはいって、初めて、というのもあるでしょうから、なんともいえませんが。
あまり、こういうことを言うと、言い訳できないでしょ!!という意見もあるとは思います。
ただ、NACSさんのお芝居って、観客の空気がないと、ダメな気がするんですね、私的には。
その空気が読めて、はじめて、出来上がるというか。
なので、初日って、難しいんだなぁ〜、と改めて思いました。

私は、おもしろかったですよ。
と言っても、生で観てるのは、LOOSERだけだし、その前のものは、映像ですし。
ただ、以前のNACSさんの芝居とは、明らかに路線を変更してきてるのは、分かりますよ。
彼らの中で、何かが変化してきて、この芝居になってるんだぁ〜、というのがよく分かります。
でも、以前のものも残して、大事にしていきたい、と思ってるのも、よく分かりました。
難しいところですね、きっと。
だから、やはり、LOOSERと一緒で、この芝居も賛否両論、分かれると思います。
以前(LOOSER前)の芝居を期待すると、ちょっと違うものだと思います。
史実が題材というのもありますよね。
内容が、硬くなりすぎますから。
でも、内容が硬いから、彼らの面白さも生かせるんじゃないかな、と私は思ってます。
芝居の中でも、それは、どうなの?という場面も多々ありました。
その芝居は、ちょっと違うんじゃないの?とかね。
でも、これは、NACSさんの芝居を観に来てるんです。
NACSという、舞台を観に来てるんですよ。
なので、その芝居でOKなんですよ!!
ベートーヴェンの耳が聞こえなくなる芝居。
本来なら、もっと、悪あがきや、言動の不自由さ。
そういうのが、表現?されるべきだと思います。
これって、普通の意見だと思うし、私もそう思います。
でも、これは、NACSさんの舞台なんです。
もし、そういった表現だと、NACS色が褪せてしまうんじゃないのかな?とも思います。

あと、「もじゃもじゃ」言い過ぎ・・・・(^^;
でも、これも、私は彼らのファンだから、彼らのいいとこや、アピールポイントを知ってます。
でも、全国に彼らを紹介するにあたっては、くいつきやすいところなんですよね。
名前とかわからなくても、「救命病棟に出てた、もじゃもじゃの人」って言えば、大体、分かってくれますもんね。
全国公演ということを考えれば、これも必要不可欠ですもんね。
そういう、いろぉ〜んなことを考えれば、「あー、よく考えてるな」って思います。
ただ、本当は、こういうことじゃなくって、普通に、単純に、お芝居できればいいですけどね。

欲を言えば、もう少し、指揮を・・・・(笑)
指揮って、一番、オケの中でも重要ですし、表現者の気持ちが出るものです。
あれでは、演奏できないです(^^;
(私、吹奏楽部でしたので・・・)

なんだか、お芝居より、これからが気になってみてしまった初日でした。
posted by SAWA at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | COMPOSER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。